“三角”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんかく66.7%
みすみ26.7%
みつかど6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三角”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まへまをしたとほりで、たゞ簡單かんたんえん三角さんかくほかには、刀劍とうけんつかかざりにあつたような
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
黒い枕木まくらぎはみなねむり、赤の三角さんかくや黄色の点々、さまざまのゆめを見ている時、若いあわれなシグナルはほっと小さなためいきをつきました。
シグナルとシグナレス (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ところが、三角みすみ港を出た船が、十分も航程を経ない中に、おびただしい島々のあるのに、私は先ず驚かされた。
天草の春 (新字新仮名) / 長谷健(著)
三角みすみの三角岳も同じ色に鮮明にぼかされている。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
さあ、歩行あるき出すと、こう耳朶みみたぶの処へもつれた髪の毛が障るでしょう、あいつあ一筋でもうるそうがさ、首を振るとなお乱れてまといますから、呼吸いきをかけてふッふッびんの尖を向うへ吹いちゃあ、三角みつかどの処まで参りますとね、背後うしろから腕車くるまが来ました。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)