“腕車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くるま76.1%
わんしゃ13.4%
わんしや10.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある者、腕車を走らす者、外套を着たものなどを、同一世に住むとは思わず、同胞であることなどは忘れてしまって、憂きことを
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
支那町傅家甸の新世界で、川鮑魚湯だの葱焼海参だのと呼号する偉そうできたない食を喫したのち、私たちは不可解な腕車をつらねて
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
腕車車夫は、茶店まつて、人々とともに手當をし、とでもあがきがいたら、早速武生までも其日引返すことにしたのである。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)