“臺”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
だい66.7%
うてな28.6%
でえ2.4%
どの2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
言はれて内室つて見ると成程石は何時にか紫檀つて居たので益々畏敬め、しく老叟をぎ見ると、老叟
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
平家を盛りの櫻にべてか、散りての後の哀れは思はず、入道相國が花見の宴とて、六十餘州の春を一夕に集めて西八條の邸宅。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
折角なしにして可惜物だな、らこんで餘程えゝだぞ」といふ雜然としてえた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
天皇、高にいまして、その黒日賣の船出するを望み見て歌よみしたまひしく