“台”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
だい63.2%
うてな35.1%
たい0.9%
でえ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちゃんは、それから毎晩のように物干がって、をながめながら、や、少年のことをしていました。
銀のペンセル (新字新仮名) / 小川未明(著)
おそらく、姉も城下の獄にれているのであろう。そうなれば、姉妹ひとつだと思う。どうしてもない一命とすれば、せめて
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
カチインと※ず※てくる球突きはさういふ塲面空氣對應して、いかにもじの美しい、何ともいへない舞効果をなしてゐる。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
の傍にかけてたろう、え?」