“絞首台”のいろいろな読み方と例文
旧字:絞首臺
読み方割合
こうしゅだい60.0%
かうしゆだい20.0%
くびしめだい20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絞首台の幻影が、遠くからバーッと近づいて、眼界一ぱいにひろがり、また遠くから近づいて来た。あらゆる想念が、目まぐるしく彼の脳中をひらめき過ぎた。
月と手袋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
死刑の時絞首台一人で歩いてゆける人は、ださうだ。大抵へられる様に台に登る。
拊掌談 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
たちにやあ、ハンナに見えるのかつ! この悪魔の忰どもめが、親爺の跡を追つて絞首台へあがる支度でもさらすがええ! 蜜にたかる蠅かなんぞのやうに