“絞首”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しめくび50.0%
かうしゆ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そのナイフをすぐさまポケットにしまわぬと、私は名誉にかけてお前をきっと次の巡回裁判で絞首にしてやるぞ。」
ああ! もしどのくれえひどくやり損ねてるか手前たちにわかりゃあ、きっと、手前たちゃびっくりするぜ! 己たちゃもうすぐ絞首になりそうなとこなんだぞ。
かれを苦しめたあらゆる幻影、恐ろしい溺死の光景、を含んだ心の形のあらはれた光景、絞首の刑に逢つた「恐ろしい群」の人達の光景、さういふ無限のシインは最早かれをかすことはなかつた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)