宝島たからじま02 宝島02 たからじま
もしも船乗調子の船乗物語や、 暴風雨や冒険、暑さ寒さが、 もしもスクーナー船や、島々や、 置去り人や海賊や埋められた黄金や、 さてはまた昔の風のままに再び語られた あらゆる古いロマンスが、 私をかつて喜ばせたように、より賢い 今日の少年たち …
作品に特徴的な語句
コールド 可愛かえぇ ばえ サイド 兄弟きゃうでえ こえ わきめ てえ つえ しお 引返ひっけえ 振舞ふるめえ つれ 可哀かええ てえ しづく 海象ウォルラス おろ そら 反対はんてえ あぶね 此方このかた わり あれ あたし 船長せんちょ じゅう かおり 前檣フォーマスト ぱなし あつれ ぶけ 兄弟きょうでえ 一時いちどき わけ ぺえ づら かつ ぷん へえ 大将てえしょう 接吻キス はえ しを こせ 見舞みめえ 舵手かじとり いかめ とど めえ 帆船ラッガー かんげ とリこ おく 漬物ピックル 黒犬ブラックドッグ たま ブラック 簇葉むらば 骸骨スケリトン だま でえ あれ たげえ 大事でえじ 黒髯ブラックビアド うしろ 大層てえそう がね 黒犬ブラック・ドッグ がた しゃが 目論もくろみ 黄金おうごん まばら けえ 商売しょうべえ 畳句リフレーン あた のど ぬす おし 間違まちげ おも つか 名前なめえ 大金てえきん ぶん やっこ
題名が同じ作品
宝島:01 序 (新字新仮名)佐々木直次郎 (著)