“描”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
57.3%
えが27.6%
ゑが12.0%
うつ0.6%
かい0.6%
かき0.4%
ねこ0.2%
えがき0.2%
かか0.2%
0.2%
がき0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り替えてきた扇は、桜色の薄様を三重に張ったもので、地の濃い所にんだ月がいてあって、下の流れにもその影が映してある。
源氏物語:08 花宴 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「何里先きだって、向うの方の空が一面に真赤になってるじゃないか」と碌さんはをゆびさして大きな輪を指の先でいて見せる。
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕の訳文はいのに違ひない。けれどもむかし Guys のいた、優しい売笑婦の面影はありありと原文に見えるやうである。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それかの今日に存在する浄瑠璃院本なるものは実に封建思想の産物にして実にその真相をし出だしたる明鏡なり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
娘は、に閉じこもって、一心に蝋燭の絵をていました。しかし年より夫婦はそれを見ても、いじらしいとも哀れとも思わなかったのであります。
赤い蝋燭と人魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
になぞとはヾうちにけて、小刀られるから、どうぞ是非れよ、姉樣のをりてべし、と箒木てヽすに、づおなされとたヾしく
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
根津大観音に近く、金田夫人の家や二弦琴の師匠や車宿や、ないし落雲館中学などと、いずれも『吾輩である』の編中でなじみ越しの家々の間に
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
春章がの図は染抜きたる花道の揚幕にしてなる素袍の両袖蝙蝠ひろげたるが如き『』を真正面よりしものにて、余はその意匠の奇抜なるに一驚せり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
露ふくめる朝顔の鉢二つ三つ軒下に持出でて眼の醒むるばかりに咲揃いたる紅白瑠璃の花をともなく見入れるさま、画にばやと思う図なり。
銀座の朝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
よくぞ男に生れたる、と云う陽気でもなく、虫を聞く時節でもなく、家は古いが、壁から生えたも無し、絵でないから、一筆きの月のあしらいも見えぬ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
四方の壁には昔から此処で飲んだ幾多の漫画家の奇怪千な席が縦横に貼られ、傷だらけの薄荒木の卓の幾つと粗末な麦藁の台の椅子の二十りとが土間に散らばつて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
なかなかうまくえてありますねえ。だれが描えたんですかなあ? 海賊なんて奴あとても物識らずで描けめえとあっしは思いますがな。
メーテルリンクの「沈黙」は何だか怖ろしくて厭やですね、——そんなことを云ひながら、机の上の鏡台をのけて、私は彼女の眉をいた、注意深く。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)