“がき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ガキ
語句割合
餓鬼52.7%
15.5%
12.7%
小児2.7%
2.7%
子供2.3%
我鬼1.8%
孩児1.4%
牙旗0.9%
児童0.9%
0.9%
瓦器0.5%
0.5%
0.5%
小兒0.5%
小童0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
雅戯0.5%
餓児0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その娘っ子と餓鬼はつかまったのかしら? ああ、あすこに連れられて来る、姉っ子がつかまえたんだよ……きかんぼうだねえ!」
予報売りの口上だ。私も買ってみたが、帳面のきれはしに馬の番号が出鱈目に——どうもそうとしか思われない——してあるだけだ。
中庭ののばらにからみ、それからさらにつるを延ばして手近なさんごの木を侵略し、いつのまにかとうとう樹冠の全部を占領した。
からすうりの花と蛾 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「まあいいやな」と男はく首をって、「お互いに小児の時から知合いで、気心だって知って知って知り抜いていながら、それが妙な羽目でこうなるというのは、 ...
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
お兼 (戸棚からを入れて持ちきたる)さあ、これをおあがり。秋にかあさんが干しておいたのだよ。私はちょっとお台所を見て来るからね。(裏口から退場)
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
「すんだのかい、もう用はねえのかい、おい大人たち。どうにかきりぬけたってわけだな。じゃあは行くよ。子供どもを起こしに行ってやるかな。」
「そうは云っても、我鬼まで出来たことじゃ」きろきろと四辺へ眼をやり、落ちている櫛を見つけてそれを取り、「いものがある、これでも持って往こうか」
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
剣術も随分上手で三十人位は一緒に掛ってもポン/\遣られて、も寄附く事は出来んが、そこは孩児の時分から気性を知抜いて居るから、彼奴かす事ア訳はねえ
依って、船檣に青龍の牙旗をひるがえした船を見給わば、これ呉を脱走して、お味方の内へすべり込む降参船なりと知りたまえ
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平常からして気ので、じきにつのるのと騒ぎましてそのたびにひやひやさせまする、おさまで一人前にはなっておりましてもまだ児童のような真一酷
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
涼風一陣吹到るに、ませによろぼい懸る夕顔の影法師が婆娑として舞い出し、さてわ百合の葉末にすがる露のが、忽ちと成ッて飛迷う。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ある日の午後、尼提はいつものように諸家の糞尿を大きい瓦器の中に集め、そのまた瓦器を背に負ったまま、いろいろの店のを並べた、狭苦しい路を歩いていた。
尼提 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「その繊長にして、爪は赤銅のごとく、蓮華に似たる」手を挙げて「恐れるな」と言う意味を示したのである。が、尼提はいよいよ驚き、とうとう瓦器をとり落した。
尼提 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
のように葡萄の実を盗み食いし、果樹からをひそかにもぎ取り、梅の木によじ登り、あるいは通りがかりにそっと梅の幹をたたいて、口に入れるとりある蜜のようにける金色の小梅を
「おゝ/\がの……そこが畜生ましさぢや、澤山うせいよ。ばいて障子ければ、すぐに人間るぞの。」と、さんは、つれ/″\の夜伽にするで、
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
だとふ、でなけりや、小兒なんぞれちやねえ。う、思切つて飛込め。生命がけで突入れ! にやいたつて、にはぬるいや。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小童らかよ末は名すらも忘れつと兵言はずたや忘れし
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
海顫ひ、がれ
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
四方の壁には昔から此処で飲んだ幾多の漫画家の奇怪千な席が縦横に貼られ、傷だらけの薄荒木の卓の幾つと粗末な麦藁の台の椅子の二十りとが土間に散らばつて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
つくりなれゆゑに二人までひにくるしむいざやしら若葉かぜにぐれの散歩がてら梨本病氣にて別莊出養生とや見舞てやらんとておとづれしにお八重はじめて對面したりはゞはんの千言百言うさもつらさもみてともはず義理とも
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
狭間作りの鉄砲! 密貿易の親船だ! 麝香、樟脳、剛玉、緑柱石、煙硝、、香木、没薬、更紗、毛革、毒草、劇薬、珊瑚、土耳古玉、由縁ある宝冠、貿易の品々が積んである! さあ
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
四日目に少しよくなったので、四人の椅子にのって山を下り一路ケンブリッジに帰った。それで次のクリスマスの休暇にはバス(Bath)に行って温泉療養をすることになった。
レーリー卿(Lord Rayleigh) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「山県——はア学校の先生だア、私等が餓児も先生様の御蔭にはえらくなつてるだア。い優しい人で、はア」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)