“出鱈目”の読み方と例文
読み方割合
でたらめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ロマネスク」なども、滑稽な出鱈目に満ち満ちていますが、これは、すこし、すさんでいますから、あまり、おすすめできません。
「晩年」に就いて (新字新仮名) / 太宰治(著)
ただし、なにか思うところがあってやっているのか、それとも出鱈目なのか、こんな風来人のことだから、性根のほどはわからない。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
てかの家を彩牋堂とこじつけ候へども元より文藻に乏しき拙者出鱈目何かき名も御座候はゞ御示教願はしく万々面叙を期し申候
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)