雨瀟瀟あめしょうしょう
その年の二百十日はたしか涼しい月夜であった。つづいて二百二十日の厄日もまたそれとは殆ど気もつかぬばかり、いつに変らぬ残暑の西日に蜩の声のみあわただしく夜になった。夜になってからはさすが厄日の申訳らしく降り出す雨の音を聞きつけたもののしかし風 …
作品に特徴的な語句
たてまつり もうす やり こう しい きょく けい たずね こう かわ はずか さが しょう さま あきらか おそれ たえ ただち はばかり まいり 湿 きょう まず かかえ 市中いちなか かたむき しるす もうし むき さなが 入替いれかえ おさ いたす うえ ほれ つかまつり したがっ ただし いたし 隙漏ひまも 何人なんびと 紅葉こうよう 素破すば 閉籠とじこ 吹掛ふっかけ さわぎ わか 二束にそく おもい 移植うつしう ぞんじ 御暇おひま しみ あい はが すぎ すくい 如何いかが 燈火とうか はん はじ 木板もくはん 羅宇らお じょう たん 白木しろき 日当ひあたり ほう 地形じぎょう たちまち 新屋しんおく ころも 老婢ろうひ 売色ばいしょく 行々ゆくゆく おおい 大嫌だいきらい 大家たいか おのずか のち うれい いましめ ふえ なげう 巴里パリー すい いたり たび ひさし もっぱら たいら 帰掛かえりが