“候”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうろう38.5%
そろ15.0%
そうら11.5%
さふらふ10.6%
さふら5.9%
うかが3.5%
そうろ3.2%
こう2.9%
うかゞ0.9%
ぞろ0.9%
ころ0.6%
ぞうろう0.6%
0.3%
うかがう0.3%
うかご0.3%
さうら0.3%
さふ0.3%
さふらひ0.3%
さふろふ0.3%
さぶら0.3%
さもら0.3%
ざふらふ0.3%
しるし0.3%
そう0.3%
そうらい0.3%
そうらえ0.3%
そろそろ0.3%
0.3%
サフロ0.3%
ソウ0.3%
ソウラ0.3%
ソウロウ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔は戦略のためにいらざる娘を内室にいたしいしが、今もなお商略のために、娘を売買することを見まことに罪になることに
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
娘売らぬ親を馬鹿だとは申しへども馬鹿見たやうなものだとは申得られ婿を買ふ者あり娘を売る者あり上下面白き成行
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
昔は戦略のためにいらざる娘を内室にいたしいしが、今もなお商略のために、娘を売買することを見まことに罪になることに
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
御免蒙らう。昨日まで親友での何のと云つて居ながら、詰らない愚にも付かぬ瑣小事で直ぐ絶交騒ぎだ。成程、僕は我儘だつたよ。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
二十七日の十時に船はポオト・サイド港にり申しひき。暑気に加はり、薄き単衣となりて甲板へど堪へ難くもかな。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
お作は妙におどついて、にわかに台所から消し炭を持って来て、星のような炭団の火を拾いあげては、折々新吉の顔色をっていた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「誰やらん見知らぬ武士が、ただ一人従者をもつれず、この家に申すことあるとて来ておじゃる。いかに呼び入れうか」
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
『市当局の配慮により、我が市は今や、樹木の鬱蒼繁茂せる公園によって飾られ、炎暑のにも清涼の気を満喫しるに至れり。』
その漸く近づくをへば、靜かにすものは一人の老翁なり。艣の一たび水を打つごとに、波は薔薇花紅を染め出せり。舟のに一人のれるあり。その形女子に似たり。
夜着引きかぶればあり/\と浮ぶおの姿、首さししてをひらけば花漬、ればおもかげ、はどうじゃとれてまた眼をあけば花漬
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「ああ、あそこへ家が建つのだな。だんだん暖かくなるのだから、普請にはいいだな」
乱世 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「さんれもの旦那衆にさように勧進を申し上げて御用をつとめまいらせ候、今法界坊とは、やつがれのことに御座あり候」
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
今朝の嵐は、嵐ではげによの。大堰川の川の瀬の音ぢやげによなう。(閑吟集)
「さうや さかいに」 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
班固の『白虎通』にいわく猴はなり、人の食を設け機を伏するを見れば高きにって四望す、に善きものなり、猴好んで面をうてするごとき故に沐猴という。
唐の陳蔵器説に風狸邕州以南に生じ、兎に似て短く、高樹上に棲息し、風をうて吹かれて他樹に至りその果を食う。その尿乳のごとく甚だ得がたし、諸風を治すと。
この身は雲井の鳥の羽がひ自由なる書生の境界に今しばしは遊ばるる心なりしを、先きの日故郷よりの便りにく、大旦那さまことその後の容躰さしたる事は御座なくへ共
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
から棒にへども、いつぞや御話しいたし候ひし小生あの夜の実験以来、驚きと喜びとの余勢、一種のインスピレーションやうのもの存続いたして、躰にも多少の影響なきを得ず候ひき。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
(前略)余はふとした機会で思はしき手頃の土地見当りし、今冬より満四ヶ年の契約にて借受け、試み旁々事業着手のことに
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
なお暁に間のある俊雄はうるさいと家をけ出し当分冬吉のもとへ御免え会社へも欠勤がちなり
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
ここに父答へて曰はく、「こは大君にますなり。し、が子仕へまつれ」といひて、その家を嚴飾りて、ひ待ちしかば、明日入りましき。
北の方初めの程は兎角のおんへもなく打沈みておはせしが、度々の御尋ねにく面を上げ給而、さんが父祖の家は逆臣がために亡ぼされ、唯一人の兄さへ行衛も不知なり侍りしに
我は共に坐すること二時間ばかりなりしに、舟人は急に我を呼びて歸途に就かんことを促せり。こは颶風ありて、岸區とヱネチアとの間なる波は、最早小舟を危うするに足るが故なりと云へり。
らへ/\」と、各地に呼び売りする行商人となっておりましたから、その呼び声を取ってツルメソと言われたのです。
留むれば手前の働き皆脱けて、人に斬られ可申候。敵に心を置けぱ敵に心をとられ、我身に心を置けば我身に心をとられ候——皆心の留まりて手前の脱け申により可申候
鍵屋の辻 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
これあ何だ、ええと、たとえ墜落即死致しども、ゆめ御社を恨むようさらさら御座なく候。後日のためよってくだんのごとし、か——ははあ、ここへ署名するんだな。
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
一 奥のみ山の大鹿はことすはじめておどりでき
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
推するに榛軒は貞白の定まるをつて金を授けたのであらう。自ら「嚢物常無半文儲」を歎じつゝも、友を救ふがためには、三十金を投じて惜む色がなかつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
言ふまでもなく、「」から来た「そよ」「よ」であること疑ひもないのだが、小唄・狂言には、大抵の場合、「よ」「うよ」「うよの」と言ふ風に、誰も解釈して来たらしい。
「さうや さかいに」 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
言ふまでもなく、「」から来た「そよ」「よ」であること疑ひもないのだが、小唄・狂言には、大抵の場合、「よ」「うよ」「うよの」と言ふ風に、誰も解釈して来たらしい。
「さうや さかいに」 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
観音堂ニテ綱女ノ顔ヲ見オサメ申シ候ノコトモ、今ナオマザマザシク覚エエド、コノタビコソハ、阿波ニテステベキ一命、ソモジニハ、スベテヲ忘レクルルコソ、何ヨリモヨキ餞別ニコソ……。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
例年当寺ニテ執行阿波丈六寺代印可ノ儀ビニ遍路人便乗ノ扱イ等阿州家ヨリ御差止有之候テ中止イタシ秋船ノ遍路ハ其折再告申スベキ
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)