遠野物語とおのものがたり
この書を外国に在る人々に呈す この話はすべて遠野の人佐々木鏡石君より聞きたり。昨明治四十二年の二月ごろより始めて夜分おりおり訪ね来たりこの話をせられしを筆記せしなり。鏡石君は話上手にはあらざれども誠実なる人なり。自分もまた一字一句をも加減せ …
作品に特徴的な語句
そろそろ 如何いかな おこ まわし 何方いずち さえ がく 戯言たわむれごと 平生へいぜ じょう あき あけ どま 黄昏たぞがれ もうす かわ なけ とどま しよう おろ おいぬ ほこら いささか 何方いずかた とま 姉妹あねいもと 向山むけえやま ちゅう むこ うご さま ただち いだ とう かたわら いず 玩物もてあそびもの ほとり むな 城下しょうか まこと しゃく つまびら ぬら すく 眼覚めさ とざ うらない おこな たま 御代ごよ あまり くら 爪立つまた うえ 仰向あおむき よそ かぎり まわ かか かえ 有合ありあ ぬの みやこ 常居じょうい たい はた 宛然えんぜん 白金しろかね しゅ おり いま ぶん 在処ありどころ くれ つの 色合いろあ くれない たたり 宿とま しゅうと ねむり ない 見申みもう