遠野物語とおのものがたり
この書を外国に在る人々に呈す この話はすべて遠野の人佐々木鏡石君より聞きたり。昨明治四十二年の二月ごろより始めて夜分おりおり訪ね来たりこの話をせられしを筆記せしなり。鏡石君は話上手にはあらざれども誠実 …
作品に特徴的な語句
納得なっとく 背戸せと 見馴みな 石垣いしがき ひえ 盂蘭盆うらぼん しば 衣物きもの 加減かげん 木挽こびき 見覚みおぼ 飢饉ききん たに 家来けらい 追分おいわけ かす 僧形そうぎょう ます 思案しあん 宛名あてな 年頃としごろ なし 白山はくさん 討死うちじに 芥子けし 座敷ざしき 愛宕山あたごやま 口癖くちぐせ 草木そうもく 大工だいく 宝物たからもの 存外ぞんがい しおり しめ 山姥やまうば はま 御手おて 什器じゅうき 見廻みまわ 屋敷やしき 足跡あしあと 様子ようす 遥々はるばる 手応てごた ささ 爪立つまた きのこ 中空なかぞら 後足あとあし たき 化物ばけもの かし 鳥居とりい 紫色むらさきいろ 囲炉裡いろり 白樺しらかんば 名誉めいよ ぬま ひめ 真昼間まひるま 夜明よあ 蜃気楼しんきろう 処々ところどころ まさかり 水上みなかみ めす 工場こうば 家柄いえがら 馬方うまかた 氏神うじがみ 三囲みめぐり 唐櫃からうど だけ 引受ひきうけ めぐみ くわ 穀物こくもつ 身内みうち 御台所みだいどころ 早稲わせ 昼過ひるす たつみ 木彫きぼり 白金しろかね 苧殻おがら 蹴破けやぶ 御代ごよ 山陰やまかげ 猟師りょうし 知合しりあい 金持かねもち 日暮ひぐ 在処ありどころ 水桶みずおけ おとしあな 里人さとびと 雑木ぞうき 油揚あぶらげ