“折”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
27.6%
をり20.9%
おり19.2%
17.2%
おれ3.5%
をれ2.0%
くじ2.0%
をつ1.2%
くね0.9%
おっ0.6%
くだ0.6%
0.6%
ヲリ0.6%
をら0.3%
0.3%
をる0.3%
おら0.3%
0.3%
くじく0.3%
さだ0.3%
せつ0.3%
をつちよ0.3%
クジ0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杉の葉でない、笠印としたれない菊池方の兵が、すでに、味方同士で激闘しているのが、そこかしこに見られ出している。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あはれ新婚げて、一年かならず、戰地つて出立つたには、んでかなかつたのも、嬉涙れたのであつた。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
あるいはその手の指の先に(ニコティンは太い第二指の爪を何と云う黄色に染めていたであろう!)に折られた十円札が一枚
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
川口の、のたくさんえてゐる、そのが、みんなとれてゐる。これは、つたのかとしますと、それは、です。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
近頃唐鍬使つからつて仕事つちや一けてつちやあんだつちけが、それ今日くからてたんだつちきや
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
昨夜ちらしおきたる苧幹寸断てあり、てのち諸神こゝにりて玉ふゆゑ、をがらををり玉ふなりといひつたふ。
歯をきぬ。されども苦痛を感ずるなく、玉の投出して、きて胸にめ附け、ニタリと笑いて、「時、おお、可愛いねえ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うしろの土手自然生亥之て、にさしたる手振りもれなるなり。
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
った帯のように、町を横断しているのは、西村堀に相違ない。船が二三隻よっていた。寺々から梵鐘が鳴り出した。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
れでもしい、政府がで売てれるとえば、私はどんなにでも骨をて、本を吟味して値切り値切て安く買うて売てるようにするが、政府がけると云えば
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
と上人が下したまふ鶴の一声の御言葉に群雀の鳴りをめて、振り上げし拳をすになく、禅僧の問答に有りや有りやと云ひかけしまゝ一喝されて腰のけたる如き風情なるもあり
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
米国でも硝子蛇ちょっと触れば数片にけ散りまた合して全身となるといい、それより転じて真の蛇断れた時のような草で自らぎ合すという(オエン『老兎および巫蠱篇』)
此を節折と言ふ。は繰り返すといふ事で、竹で幾度も/\、繰り返して計る。かうする事は亦、天子様の魂の事と関係がある。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
申さんに十郎郷右衞門の兩人にのみのめ/\と我が宅に居ん事眞に云甲斐なしとは何分病には勝難し偖々何か仕樣は有まいか萬一此事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
後に、虎、その柱をりて、針を取りて走去げぬ。高麗国、得志が帰らんとを知りて、を与えて殺す
るには木にてりたるふ、里言にこすきといふ、木鋤也。といふ木をもつて作る、木質軽強してる事なくし、は鋤にし。
甚「何をいうんだ、無駄っしやアがって金は有りゃアしねえ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
楊家甚だ喜び、き入れると、僧その僕に街東第幾家に往って、花雌鶏一隻を買い来らしめ、殺し煮て肉をり、盤に満て霊前に分置し、その余りを食い、挨拶なしに去った。
連日晴天も一時にじて雪吹となるは雪中の常也。其。人家これがむ事枚挙がたし。
「片言もってむべきものは、それか」などという孔子の推奨の辞までが、大袈裟尾鰭をつけてく知れっていたのである。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
奏する所の曲は「タツソオ」にして、なる女優はドニチエツチイといふものなりき。一るごとに、客の喝采してあまたゝび幕の外に呼び出すを、愛らしき笑がほして謝し居たり。
そんだがこれ、怪我つちやだから、わし下駄穿きながらひよえつとがつたれたんだなんて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
と言ふのが、其である。いまだに、八本共に揃うてゐる。渡良の大島・渡良の神瀬・黒崎の唐人神の鼻・勝本の長島・諸津・瀬戸・八幡の鼻・久喜の岸と、八个処に在る訣である。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)