“椈”の読み方と例文
読み方割合
ぶな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そいつは、そこのあのの幹の側に立つてゐたつけが——フオレスのヒイスの上でマクベスに現れた奴等の仲間みたいな妖婆です。
深淵に泳ぐ岩魚の姿、みずみずしい大葉柳やの森林、片桐松川の鬼面に脅かされた目には、飯田松川の流れは高雅にすぎたのかもしれないのだ。
二つの松川 (新字新仮名) / 細井吉造(著)
とはの木にて作りたる木鋤にてごとくして取捨るを里言に雪を掘といふ、に初編にもいへり。かやうにせざれば雪のゆゑなり。