“岩魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いわな84.6%
いはな15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここには岩魚釣のおじさんと強力のような人と若い主人と三人いました。私が今日赤牛岳へも行ってきたというには皆驚いていました。
単独行 (新字新仮名) / 加藤文太郎(著)
新九郎は儀助の一本突きが、職業の岩魚を突くあの息でやっているのを観破したからである。彼は大いに得るところがあった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ものとを見較べながら、かたまけると笑方の、半面ニヤリにニヤリとして、岩魚一振、ひらめかして、また、すた/\。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
平家の落武者のかくれたといふさびしい山村を……。獵師と岩茸採りと鑛山師と熊と岩魚とを持つた栗山十三郷の山村を……。
日光 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)