“岩魚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いわな85.4%
いはな14.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皮粕は他の淵の倍も入れられた。二三尾の岩魚いわなず浮いて来た。そのあとから山女やまめが一つ浮いて来た。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
わたしの荷物の置いてある処に、きのう岩魚いわなを入れて貰ったびくがあります。あれをご苦労ながら持て来て下さい。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
岩魚いはなだいを三びきつて咽喉のどかはかすやうな尋常じんじやうなのではない。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「聽いて來たばかりです。——谷五郎の野郎はそれが名人で、狙つたら、どんな魚でも逃しつこはないさうで、岩魚いはなの眼玉を縫ふ手練だと言ひます」