“鱚”の読み方と例文
読み方割合
きす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新郎の母者人が「ドウカお吸物を」との挨拶が無い前に、勝手に吸物の蓋をとって、のムスビは残して松蕈とミツバばかり食った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
明けがたには、ひとが釣れる。すこし陽が出てからは、釣り舟が、笹の葉をいたように、釣竿をならべて、糸をあげていた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此の前、の時に、僕の品匡を忘れられて、腹が立って立って堪らんから、そのまま漕ぎ戻らせて仕舞ったこと有ったが。
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)