“椀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わん95.6%
まり2.9%
ぜん0.7%
ばい0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしあのしいムツソリニも一の「しるこ」をりながら、天下大勢へてゐるのは想像するだけでも愉快であらう。
しるこ (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
泉のく所へ来た。姉は樏子に添えてある木のを出して、清水を汲んだ。「これがお前の門出を祝うお酒だよ」
山椒大夫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ぶつぶつきながら、この美術家はと一だけ掻き込むだ。
母様が御膳が進まんと云う事はきゝましたが全くですか、昨お見舞に出た時、お食は如何ですと申した処が、なに御飯は三べられて旨いと仰ゃったが、それでは嘘ですか
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)