“ぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゼン
語句割合
47.9%
38.8%
4.7%
2.5%
1.3%
1.3%
0.8%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
三年前0.2%
前日0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其處ちよツけた能代嬰兒がしたか、とらしいが、さすがに味噌汁が、とすきをそゝつてふ。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の朋輩が二人、小野という例の友達が一人——これはことに朝から詰めかけて、部屋の装飾や、今夜の料理の指揮などしてくれた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ニョムさんは、息子達夫婦が、肥料を馬の背につけて野良へ出ていってしまう間、尻骨の痛い寝床の中で、眼をって我慢していた。
麦の芽 (新字新仮名) / 徳永直(著)
これも並ならぬ風懐だしお覚悟である。結果的に、帝にとって百余日の八寒の獄が、いやおうなしの、になっていたともいえようか。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは栄玄がに対して奢侈を戒めたことが数次であったからである。抽斎は遺られた所の海鰱をすることを命じた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
是が彼の最初の失敗で、学校側の人達は佐藤を忘恩の痴者った。斯ういう悪声はを追うて一般に拡がるものである。
が、畢竟それもまた名人上手とかいふ風な古來の形が當作り出すはれた觀念と見られぬ事もない。
予をわずらわすこの大なるせ、予を安静ならしむるかのなるかな、である。
○そも/\時平公は大職冠九代の孫照公の嫡男にて、代々□臣の家柄なり。しかのみならず延喜帝の皇后なり。このゆゑに若年にして□臣の貴重ししなり。
子華が先師の使者としてに行った。彼の友人の先生が、留守居の母のために飯米を先師に乞うた。先師はいわれた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
先生が役所から退出して来られると、先師がたずねられた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
それより以上くには、といふものゝ知識しかつたので、つて宜道れられて一窓庵つてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
白隱和尚弟子東嶺和尚とかいふ編輯したもので、修行するものが、からんで徑路やら、それになふ心境變化やらを秩序立てゝいたものらしかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
……袖を切ったと言う三年前の婚礼の日の曠衣裳を、そのままで、一方紫の袖の紋の揚羽の蝶は、革鞄に留まった友を慕って、火先にひらひらと揺れました。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ふるに俊雄はひたすら疇昔を悔いて出入りに世話をやかせぬ神妙さは遊ばぬ前日に三倍し雨晨月夕さすが思い出すことのありしかど末のためと目を
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
火星地球に一ばん近いときでも によつてふが 三百万哩もある
なんでも或る晩げのことで、さう、今頃よりもう少し早目の時刻だつたでがせう、みんな夕餉のについてをりましたのさ、死んだに、死んだ、それに日傭男に日傭女と、子供が五人ばかりとね。
しかし凌州の野で、二箇月にわたる戦いのすえ、ついに呉用そのほかの助勢もあって、関勝はそれに成功し、の二大将を、とうとう梁山泊の仲間へ誘い入れてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ぶつぶつきながら、この美術家はと一だけ掻き込むだ。
大王これをし召して、か心に恐れ給へば、佻々しくは他出もしたまはず。さるを和主が、一射殺したれば、わがためにを去りしのみか、取不直大王が、眼上を払ひしに等し。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
晩飯に私は海産の虫——我国の蚯蚓に似た本当の蠕虫で、只すこし大きく、一端にあるから判断すると
人よ、これを単に他愛もなき坐談の一節なりとて、軽々に看過するれ。尊とむべき教訓は、かの厳たる白堊校堂裡、鹿爪らしき八字の下よりのみ出づる者ならむや。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)