唄立山心中一曲うたのたてやましんじゅういっきょく
「ちらちらちらちら雪の降る中へ、松明がぱっと燃えながら二本——誰も言うことでございますが、他にいたし方もありませんや。真白な手が二つ、悚然とするほどな婦が二人……もうやがてそこら一面に薄り白くなった上を、静に通って行くのでございます。正体は …
作品に特徴的な語句
つぶり わッし 交際づきええ でっ あお くい であい ふさ おく よし はお はてし つむ なあ がかり 穿ばき うち おっか うぬ てあい わっし つくば ずい みひとつ 着換つけか きまり あつらえ 引傾ひっかし あだ こしらえ おッ つッ おつ かッ 不可いけね ゆるし かおり 飲酒 そま かえ じじ かぶり とおり にじ 立停たちとど はじ 端然しゃん とま 眼前まのあたり わらい へえ かつ つッ まっ おさま 恐怖おっかね 背後せなか しな ちゅう 風俗なりふり おおき めえ あまり 草原くさっぱら おく こう ちがい はた 一座ひとくら わが 心遣こころやり 置放おきッぱな 褐色かばいろ 山端やまっぱな ことば から 退さが 一日いちんち 紳士だんな 端緒はなお 悚然ぞっと いで 慄然ぞっと あかる やけ ふり とまり おのず 退 呪詛のろ 可恐こわ 可笑おかし 遠山えんざん あい むこう