“眺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なが93.3%
ながめ4.0%
ながむ0.7%
あつら0.5%
にら0.5%
0.2%
あつらえ0.2%
のぞめ0.2%
チヨウ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野中教師ゆっくり教壇から降り、下手のガラス戸に寄り添って外をめる。菊代は学童の机の上に腰をかける。華美な和服の着流し。
春の枯葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)
今まで歩いていた山路を出て、濶然たるけた感じと、菜の花に夕日の当っている明るい感じとが、ぴたりと一緒になっている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
却説く鷲郎は、今朝より黄金丸が用事ありとて里へ行きしまま、日暮れても帰り来ぬに、漸く心安からず。幾度か門に出でて、彼方此方れども、それかと思ふ影だに見えねば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
夜食の膳には、えた酒がつき、み交わしている母子の間へ、勘定書が盆に載っている。旅籠の手代だの、亭主だの、かわるがわる別れの挨拶に来て
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いゑ中々やうに遠方ばかりでは御座りませぬ、追々にと衣紋いて咳拂ひすれば、小間使くして似合頃惡口すやらと尻目めば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
手振りして生活の楽になりし云ふ老父金網ごしてはうれしき
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
は人にけられて高所逃登駅中ば、提灯しつれ大勢の男ども々に木鋤をかたげ、雪を水ををあげてこゝにる。
」の意味一つであるが、中古文には、そればかりではあてはまらぬことが多いので、これに詠の字をあてゝ見たのもあるけれど、ながむといふ語の内容は、決してそんな単純なものでないことは
古歌新釈 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)