“眺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なが93.5%
ながめ3.6%
ながむ0.8%
あつら0.5%
にら0.5%
あつらえ0.3%
のぞめ0.3%
0.3%
チヨウ0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姿勢かたちは私が見て遣るから早くおいで。燈籠へ倚掛よつかかつて頬杖ほほづゑでもいて、空をながめてゐるかたちなども可いよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
待合まちあいにしてある次の間には幾ら病人がまっていても、翁は小さい煙管きせるで雲井を吹かしながら、ゆっくり盆栽をながめていた。
カズイスチカ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
為吉はしばらく岸に立って沖をながめていましたが、やがて一番左のはしの自分のうちの舟のともづなを引っ張って飛び乗りました。
少年と海 (新字新仮名) / 加能作次郎(著)
衣服みなりとても糸織の袷衣あわせに友禅と紫繻子の腹合せの帯か何かでさして取繕いもせぬが、故意わざとならぬながめはまた格別なもので
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
Tölzテルツ からもつと水上みなかみLenggriesレンググリース といふ一小邑せういふがあり、ながめのいい城がある。
イーサル川 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
今まで歩いていた山路を出て、濶然かつぜんたるながめひらけた感じと、菜の花に夕日の当っている明るい感じとが、ぴたりと一緒になっている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
おの夙昔しゆくせきの不平は転じて限りなき満足となり、此満足したるまなこて蛙飛ぶ古池をながむる身となりしこそ
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
幾度いくたびか門に出でて、彼方此方かなたこなたながむれども、それかと思ふ影だに見えねば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
たゞ何心なく他をながむる眼にしてははなは凄味すごみを帯ぶ。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
夜食の膳には、あつらえた酒がつき、み交わしている母子おやこの間へ、勘定書が盆に載っている。旅籠の手代だの、亭主だの、かわるがわる別れの挨拶に来て、
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「私も絹の襦袢を着て居るよ、——姉さんのは、それしか無いから、仕方無しに着たんだが、私のはあつらえてこさえて飛切りの緋縮緬さ、三両二分とかかったよ、自慢じゃ無いが、私ほどの綺麗な肌を、ゴツゴツの木綿もめんで包まれるとお思いかえ、——さア、裸に剥いておくれ」
礫心中 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
惡口わるくちふくなにすやらと尻目しりめにらめば、れにかまはずくちびるめて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ト眼を細くして娘の方を顧視みかえる。こういうにらめ方も有るものと見える。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
あつらえが註文にはまった。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は人にたすけられて高所たかきところ逃登にげのぼはるか駅中えきちゆうのぞめば、提灯ちやうちんたいまつともしつれ大勢の男どもてに々に木鋤こすきをかたげ、雪をこえ水をわたりこゑをあげてこゝにきたる。
手振りして生活たつきの楽になりし云ふ老父ちち金網あみごしてはうれしき
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
いのち生くる独りのかげり慕はしく日向に雑草くさの萠ゆるをたり
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
今日の口語では、「チヨウ」の意味一つであるが、中古文には、そればかりではあてはまらぬことが多いので、これに詠の字をあてゝ見たのもあるけれど、ながむといふ語の内容は、決してそんな単純なものでないことは、諸君もスデに承知のことゝ思ふが、この語は
古歌新釈 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)