春の枯葉はるのかれは
人物。 野中弥一国民学校教師、三十六歳。 節子その妻、三十一歳。 しづ節子の生母、五十四歳。 奥田義雄国民学校教師、野中の宅に同居す、二十八歳。 菊代義雄の妹、二十三歳。 その他学童数名。 所。 津軽半島、海岸の僻村。 時。 昭和二十一年、 …
作品に特徴的な語句
づか 上手かみて ざかな 一曲ひとくせ 一言いちごん 下手しもて かな 嘲笑ちょうしょう 手数てすう ふる 気味きび 甲斐がい つら うつ 一口ひとくち 一文いちもん 一時いっとき 一言ひとこと 七輪しちりん 上手じょうず 上衣うわぎ 下手へた 乞食こじき 仕度したく だい もっ 仲人なこうど 会釈えしゃく うかが 保姆ほぼ 刺身さしみ 叛逆はんぎゃく しか きち うめ 唐人とうじん うそ ささや 地味じみ 変人へんじん 夕闇ゆうやみ 外聞がいぶん 大人おとな やつ 奴等やつら うち 平目ひらめ かす 復讐ふくしゅう 心遣こころづか 悪戯いたずら みじ 愚痴ぐち 愛嬌あいきょう ある 所謂いわゆる てのひら 旦那だんな 暮靄ぼあい 本物ほんもの きた こと 母屋おもや なんじ 洒落しゃれ 浅間あさま さび 滔々とうとう 焼香しょうこう あお 父母ちちはは 狼狽ろうばい 田舎いなか 疎開そかい くせ なが 矢庭やにわ 稽古けいこ はず 節子せつこ 粕漬かすづけ たま 綺麗きれい 綽名あだな さかな 膝元ひざもと 茶碗ちゃわん 菊代きくよ あし