“愚痴”のいろいろな読み方と例文
旧字:愚癡
読み方割合
ぐち97.5%
かごと0.5%
ぐず0.5%
ぐちツ0.5%
ぐぢ0.5%
こぼ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殿様とちがって女の愚痴がまじる。みんながよってたかっておだて上げるから、若様たちは本気になって勉強しないとおっしゃった。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「なにを言うぞ。……愚痴老人のくせじゃ、たとえ二年が三年遅れたとて、こう戻り来して、まさめに眉面つきを見たうえは、長年の思いも晴れたそうな」
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
是から歳暮に成りますると少し不都合で愚痴ばかり云っている処へ、幇間の三八
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
愚痴ぽくて、内気で、苦労性で、何事も無い日でも心から笑ふといふ事は全たくなかつた。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ればりもないが、ればまだ際限もないのです。何事因縁結果とあきらめて、お無益愚痴などはこぼさぬことにしましょう。
より屑買、「ゃまた一日と十五日が巡回日で今日もって来たのじゃが、この様子では入ってからは出来ぬらしい、やれさても。」と大きに愚痴す。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)