“愚痴鈍根”の読み方と例文
読み方割合
ぐちどんこん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親鸞の教義を味解してというよりも——親鸞自身が告白している死ぬまで愚痴鈍根のたちきれない人間として彼が——直ちに好きだったのである。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)