“痴愚”のいろいろな読み方と例文
旧字:癡愚
読み方割合
ちぐ85.7%
ばか14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の記憶ではは二つあったように思われる。一つは縁切りの神とせられ、一つは縁結びの神とせられて、痴愚な附近の男女の祈願所となっている。
宇賀長者物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
元来が、彼は多分に痴愚な男である。その痴愚が働きだすと、ひと事ながら、声をあげて泣きたい気もちがしてきた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは、私が痴愚になったという第一の証拠だが、ハチロウのことをすっかり忘れていたのだ。私とナエーアが、この水面下の島で朽ちはててしまうのはよし。
「太平洋漏水孔」漂流記 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
これも、私がまったく痴愚になったためか、いや、決してそうではないだろう。
「太平洋漏水孔」漂流記 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)