“痴人”のいろいろな読み方と例文
旧字:癡人
読み方割合
ちじん62.5%
しれびと18.8%
しれもの12.5%
ばか6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さらに、竿頭一歩、漢室の復興という希望も、はや、痴人の夢ではありません。その実現を期することができる……と、私は信じまする
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこな痴人、知らぬして聞いてあれば片腹いたい妄言綺語
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
「やあは紅縮緬組の杜鵑之介とかいう奴よな。しつこくまたもや現われて、止めだてするとは無礼の痴人! とくそこを退け! 退きおろう!」
紅白縮緬組 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
痴人め!』女王樣焦心ッたさうに御自身してされました、それからちやんに振向いて、『ぢや?子供
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)