南蛮寺門前なんばんじもんぜん
登場人物 童子、順礼等舞妓白萩 千代伊留満喜三郎 常丸学頭 菊枝所化長順 老いたる男及び行人二三所化乗円、其他学僧 うかれ男老いたる侍 永禄末年のこと。但風俗は必しも史実に拠らず、却つて今人の眼に親うするものとす。秋の日、暮がた。後景は京都 …
作品に特徴的な語句
退のき いか やや いぶ さんた まね たは つぶ 男子おとな くはし うるは 可愛かは んね 手練てれん 此方このはう とと さら 誘惑まどはし きつ 母様かかさま わらは おやぢ 玻璃びいどろ 戯言たはむれごと 退すさ きつ あゆみ ばか 口惜くちをし 羅馬ろおま 名香みやうがう 眩暈めくるめ うるは こけら たはむ けし まよひ 何処いづく ひとへ まめ いつはり さま いたづら やう ここ ちやく 囂々がうがう 父様ととさま くわい かけ あひだ 何処いづこ たぶ ゑん くれ しばし ばら とぼ ひそ つま そら 悟道さとり 御寺みでら 御堂みだう いたづ うしろ わか 法会ほふゑ 如何いかが 奈何どう おら くう とま こぼ まつた こと やく 証拠あかし 蘇生よみがへ あまつ 草臥くたぶ 借問しやもん なう わし とつ こら くら