“草臥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くたび76.2%
くたびれ17.7%
くたぶ4.3%
くたぶれ1.1%
くた0.4%
くたひれ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風呂に入って汗を流し座敷に帰って足を延べた時は生き返ったようであるが、同時に草臥れが出てしもうて最早筆を採る勇気はない。
徒歩旅行を読む (新字新仮名) / 正岡子規(著)
見舞に来た隣近所の者が帰って、表の戸をした後、草臥休めの茶を沸して駄菓子を食いなどして、互いに無事を祝して夜をした。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
夜長に、粉挽の一つもつてやつて御覽なさい。きな石臼夢中になつて、いくらいても草臥れるといふことをりません。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
貴方も草臥、私も草臥、二人で岡の上から眺めていると、遠く夕日が沈んで行くにつれて空の色がいろいろに変りましたッけ。水蒸気の多い夕暮でしたよ。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
一体行儀の好い男で、あぐらをくッてな事は殆んどなかった。いよいよ坐り草臥びれると立膝をした。あぐらをかくのは田舎者である、通人的でないと思っていたのだろう。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
取揃自身に持來たれば清兵衞は長兵衞に向ひ嘸々草臥しならん然樣何時までもまり居ては究屈なりモシ/\御連御遠慮なさるなコレサに/\と是より皆々ぎ兄弟久しにての酒宴となり女房もにて
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)