斎藤緑雨さいとうりょくう
「僕は、本月本日を以て目出たく死去仕候」という死亡の自家広告を出したのは斎藤緑雨が一生のお別れの皮肉というよりも江戸ッ子作者の最後のシャレの吐きじまいをしたので、化政度戯作文学のラスト・スパークである。緑雨以後真の江戸ッ子文学は絶えてしまっ …
作品に特徴的な語句
こぼ 冷笑せせらわら ひど 外出でか やか つッ 款待もては 饒舌おしゃべり かき 所為まね 草臥くた 鼻頭はなのさき そっ とど つかまつり よこ さも よっ やっ 笑止おか かか 嫌気いやぎ やっこ 夜泊よどまり 選択えりごの りき はじ 鉄欄てつわく ぶん あが すべ 食物くいもの 莫逆ばくげき 最寄もより 落魄おちぶ 著名なだい 度毎たんび 蒲団ぶとん 藤村ふじむら 寝込ねこみ きま ほと 残惜のこりお 穿うが 秤量しょうりょう 七曲ななまがり 鼻持はなもち 剔抉すっぱぬ さえ うか まる なら いなだ 無味つま うなぎ 耽溺たんでき ふけ ののし 絶間たえま 終焉しゅうえん 細面ほそおもて 細君さいくん 生憎あいにく 精々せいぜい くわ 鵠沼くげぬま 男振おとこぶり よそお 米琉よねりゅう 端唄はうた 着初きだ 相方あいかた 稽古けいこ 空嘯そらうそぶ 相応ふさわ 穿鑿せんさく まぐろ 魯文ろぶん 立膝たてひざ 皮切かわきり 駒込こまごめ たしか 筑紫つくし しゃく 驕児きょうじ