“鰻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うなぎ97.2%
むなぎ1.4%
とゝ0.7%
ウナギ0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鰻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから言った。女の子なんか、うなぎならメソッコみたいなもので話にならぬと――それからまた声をひそめていった。
「何、貴様のずっとはずっと見当が違うわい。そのいわゆるずっとというのは軍鶏しゃもなんじゃろ、しからずんばうなぎか。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
菊石きくめなす、むなぎなすもの、
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
菊石きくめなす、むなぎなすもの、
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
おほきなながい、おとゝよ。」
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
摩擦電気や電気ウナギの発する電気が、電池から来る電気と同様な働きをした時である。