“鰻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うなぎ97.6%
むなぎ1.2%
とゝ0.6%
ウナギ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
バタバタと蒲焼を焼く煙の中で団扇をたたく音が板場でする。を裂いたり、蒸したり、しげに男達がそこで働いているのだった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
菊石なす、なすもの
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
きない、およ。」
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
摩擦電気や電気の発する電気が、電池から来る電気と同様な働きをした時である。電池の作用はその化学作用と比例するのを見た時である。