“郁子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いくこ60.0%
むべ40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
………郁子いくこヨ、ワガ愛スルイトシノ妻ヨ、僕ハオ前ガ果シテコノ日記ヲ盗ミ読ミシツツアルカドウカヲ知ラナイ。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
此辺での長尾ながお郁子いくこ御船みふね千鶴子ちづこである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
家付き娘以上の妻の郁子いくことの夫婦感情を、そのまま移したようなものだったが、郁子が同じ病気で死んで行ってから主柱が倒れたように家庭がごたつきはじめた時、均平の三村本家に対する影が薄くなり、存在が危くなるとともに、彼も素直な感情で子供に対することができなくなり、子供たちも心の寄り場を失って、感傷的になりがちであった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
こもごもに郁子むべ通草あけびをとりみて郁子むべがよしちふこの子があはれ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
こもごもに郁子むべ通草あけびをとりみて郁子むべがよしちふこの子があはれ
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
郁子むべむとひたぶるの子らやうちすすりしじにさね吐き眼もまじろがず
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
郁子むべむとひたぶるの子らやうちすすりしじにさね吐き眼もまじろがず
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)