“野木瓜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のぼけ50.0%
むべ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“野木瓜”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学5.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
ただその埋め合せに野木瓜のぼけとか山吹とか、故郷で覚えていないさまざまの花が、この野の春色を豊かにしているのである。
沈丁花、山椒、野木瓜むべもちそれに泉水ちかく老梅の古木が、蜿々として奇なる枝振りを、見事に撓り、屈らせてゐた。
異版 浅草灯籠 (新字旧仮名) epub / 正岡容(著)