“黄楊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ありふれた三日月型の黄楊つげの櫛ですが、水のなかに漬かっていたにも似合わず、油で気味の悪い程にねば/\していました。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
木には黄楊つげしいひのき、花には石竹、朝顔、遊蝶花ゆうちょうかはぎ女郎花おみなえしなどがあった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)