“断崖絶壁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だんがいぜっぺき50.0%
だんがいぜつぺき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山に沿ってうねりくねってゆく往還、片側は苗木を植えた陽だまりの丘で、かた方は切りそいだように断崖絶壁
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
加ふるに石南蟠屈黄楊繁茂とを以てし、難難を増す、俯視して水をめんとすれば、両側断崖絶壁、水流はに数百尺のるのみ、してく山頂にらんか
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)