“飛耳長目”の読み方と例文
読み方割合
ひじちょうもく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにおいて飛耳長目の徒は忽ちわが身辺を揣摩して艶事あるものとなした。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)