“風声鶴唳”の読み方と例文
読み方割合
ふうせいかくれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うらやましがる人も無いのに、そこは精神、吝嗇卑小になっているものだから、それこそ風声鶴唳にも心を驚かし、外の足音にもいちいちを冷やして
禁酒の心 (新字新仮名) / 太宰治(著)
格之介の逃亡の理由が分かるにつれ、桑名藩士も官軍の人たちも、格之介が風声鶴唳におどろいて逃走を企て、捨てぬでもよい命を捨てたことを冷笑した。
乱世 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
浪士らの勢いのさかんな時は二十里ずつの距離の外に屏息し、徐行逗留してあえて近づこうともせず、いわゆる風声鶴唳にもが身に添わなかったほどでありながら
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)