“胆”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
きも82.1%
たん10.9%
5.2%
ぎも1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしこのとき武夫もお美代も、行手にあたってを潰すような怪異が彼等を待っていようなどとは、夢にも知らなかったのである。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
と云ったがいません事で、剣術は上手でもってゝも、感の悪い盲目のことゆえ、匹夫下郎の丈助の為に二刀程斬られました。
以前は、その形で、正真正銘の熊の、と海を渡って売りに来たものがあるそうだけれど、今時はついぞ見懸けぬ、と後での話。……
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
愛之助は電燈の直射に会って、どを抜かれてすくんだ。すぐ目の前のが開いて、電燈を背にして、例の怪物が立はだかっていた。
猟奇の果 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)