“きも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キモ
語句割合
46.0%
気持22.2%
17.2%
12.7%
氣持0.9%
0.3%
来申0.2%
生胆0.2%
度胸0.2%
肝臓0.2%
臟腑0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美しいレオノーラ姫をさらっていった妖怪騎士の話をして、婦人たちのをつぶし、いく人かはヒステリーをおこさんばかりだった。
大人大人りとばされるというのは、けないことだろうと、人力曳きの海蔵さんは、利助さんの気持ちをくんでやりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
と屏風を開けて入り、其の人を見ると、秋月喜一郎という重役ゆえ、源兵衞はし、胸にぎっくりとえたが、素知らぬにて。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
我は崇拜の念止み難き故をもて、太くもまたこの群に加りぬ。唱歌といふものをば止めてより早や年ひさしくなりたるにも拘らで。
たいていの部屋には氣持ちのよい長椅子いてあつて、見物人はゆっくりとしてしいたり、彫刻をたのしんでめたりすることが出來
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
が子供を攫って行くのも恐らくうであろうかと、私たちも小さいをおびやかされたが、それも幾たびか見慣れると、やあまた攫われたなぞと面白がって眺めているようになった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そいばかいか彼女が死んだと聞いたから、弔儀に田崎をやって、生花をなあ、やったと思いなさい。礼どころか——突っ返して来申した。失礼じゃごあはんか、なあ山木さん
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「お、武男から手紙が来たようじゃったが、どうえて来申した?」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
決して悪気でした事では御座いませんじゃったが、人間の生胆枕草紙は警察が八釜しゅう御座いますケニなあ……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『よしっ。貰うたぞ。今……生胆の買手をば連れて来るケニ、貴様あ今にも死ぬゴトうんうん呻唸きよれや』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「おおよく申した。さすがは。悪僧ながらも度胸太い。……既に明白に申したからは、罪の成敗承知であろうの?」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
支那人が大切にする『の羽根』と『猫の頭』と『虎の肝臓』と『狼の』という四つの毒薬ので『鴆の羽根』という白い粉と、おんなじものになっているんですってよ。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
向き合つている臟腑、せめて心だけなりと