菊模様皿山奇談きくもようさらやまきだん
序 大奸は忠に似て大智は愚なるが如しと宜なり。此書は三遊亭圓朝子が演述に係る人情話を筆記せるものとは雖も、其の原を美作国久米郡南条村に有名なる皿山の故事に起して、松蔭大藏が忠に似たる大奸と遠山權六が愚 …
作品に特徴的な語句
輿入こしい 気儘きまゝ 喉笛のどぶえ 日数ひかず 布子ぬのこ 揉手もみで 是等これら 未練みれん 秩父ちゝぶ 戦争いくさ のか 薄縁うすべり 野良のら 掻巻けえまき 本郷ほんごう はく 不束ふつゝか 人非人にんぴにん 吾妻橋あずまばし 国許くにもと 布団ふとん 手蔓てづる 芙蓉ふよう 本意ほんい 馬子まご 請合うけあ 胡乱うろん むじな 半纒はんてん 偏頗かたおとし おり 大騒おおさわぎ 家来けれえ 御法度ごはっと 無沙汰むさた わん 脊中せなか 追分おいわけ 白髪頭しらがあたま 不躾ぶしつけ 頑是がんぜ 致方いたしかた 一筋ひとすじ 目深めぶか 言下ごんか 退治たいじ しきみ 威丈高いたけだか 屍体したい 癇癖かんしゃく 猿臂えんぴ 一叢ひとむら 気振けぶり はた 讒訴ざんそ 愚昧ぐまい 詮方せんかた 凛々りゝ 本文ほんもん 沓掛くつがけ たね 公方くぼう 悔悟かいご 無慚むざん 狼藉者ろうぜきもの 二間ふたま 剃髪ていはつ 諫言かんげん 一廉ひとかど 五日いつか 所望のぞみ 高祖頭巾こそずきん 両人ふたり 名告なの 宝物たからもの 根太ねぶと 今生こんじょう 猥褻わいせつ 此度こんど 小用こよう 碓氷うすい 突当つきあた 香炉こうろ 逆手さかて 神仏かみほとけ 花活はないけ 藍微塵あいみじん 行脚あんぎゃ 峨々がゞ 夜陰やいん 歯噛はがみ 用意たしなみ 真平まっぴら 赤蜻蛉あかとんぼ 庭前にわさき 取做とりな 木賃宿きちんやど 膳立ぜんだて 面皰にきび 他家ほか