菊模様皿山奇談きくもようさらやまきだん
序 大奸は忠に似て大智は愚なるが如しと宜なり。此書は三遊亭圓朝子が演述に係る人情話を筆記せるものとは雖も、其の原を美作国久米郡南条村に有名なる皿山の故事に起して、松蔭大藏が忠に似たる大奸と遠山權六が愚なるが如き大智とを骨子とし、以て因果応報 …
作品に特徴的な語句
退 ちゃっ こだ ぶっ けま おっかね 祖父じゞい けず ひえ おつこ つく えや とッ わッけ けえ はえ 容貌おんな やが よこ かゞ 老爺じゞい ねが 出入でへえ ぜえ つまら やあら てまえ そべ べッつい えのち えか 悉皆すっぱり でけ たい よく ばゞあ ぜつ ぱら ねえ さむらえ ひど かた でっ 小便はり 最初てんで 以前あと 尋常ひとゝおり えや どん あと のき もう もっと 武士ぼし おま つッつ きか ぬい つき そら ぢけ なけ 俯伏うつぷし 其方それ びつ あん せか えたゞ つか みょう やめ 此方こっちゃ やっ 沢山えら やっと はや たゞち 習慣しぐせ けえ おわ めい たべ でけ 心配しんぷえ かゝえ にや