“晴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
63.2%
はれ20.8%
5.7%
はら3.3%
ぱれ0.9%
ハル0.9%
ハレ0.9%
はあ0.5%
はア0.5%
あが0.5%
あか0.5%
はらさ0.5%
はる0.5%
ばら0.5%
ばれ0.5%
ぱら0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一廻くるりとにまはつて前足をついて、棒杭つて、お天気るのであらう、仰向いてた。れるといまにくよ。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
彼かれらを見、氣色やかに答ふらく。彼等の歩履おそければいざ我等かしこに行かん、好兒よ、望みをかたうせよ。 六四—六六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ときどき、って、がふりそうにえながら、は、また、一すらなく、れとがるような、でりがつづきました。
雲のわくころ (新字新仮名) / 小川未明(著)
さんと立上りしが荒立ては事の破れ何にもせよお浪を引さらひ女房にすれば男は立つきは富右衞門なりよきもあらば此遺恨
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もっとも食足ればを思うのは、我々凡夫のいじゃから、乳糜を食われた世尊の前へ、三人の魔女を送ったのは、波旬も見上げた才子じゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
七歳の時紅梅を御覧じて「梅の花紅脂のいろにぞ似たる哉阿古が顔にもぬるべかりけり」十一の春(斉衡二年)父君より月下梅といふを玉ひたる時即坐に「月、 ...
信仰と日常生活と相離れること今日の如く甚しくなかつた昔に於ては、神のいます処をの座席と考へてゐたことは、此を推測するに難くないのである。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ちやんのことだから、何処へおつり出しておいても、間違ひはないだらうけれど、余りめた事でもないつて言つてゐたよ。」
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「ああ、ちゃんですか。今日はどこも一杯ですが、あんたのことだから、まあ何とかしましょう。」
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「なに、すぐります。だけど今時分の夕立なんて、よっぽど気まぐれだ。」と亭主が言った。
窮死 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
海の面は、此処の様に、るい色ではなく、まるで黒い様な色をいつでもして居る。
冬の海 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
に取るゝ共時宜ば長庵めを恨みの一我も其場でよく自殺をみをんオヽじや/\と覺悟を極めて其の身がみの脇差取出して四邊
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そうして被作虐的な訓練をされると、遊女達の精気が喚起されるばかりではなく、その効果が、東室南室るの○○○○○○○○○、○○○○○されるか
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
申付博奕を夜盜などする者を大切に致さるゝ上は覺悟の前なりと今迄惡樣に取扱はれたる意趣しの心にて存分に云散してぞ立歸りける勘兵衞は早々勘太郎へ右の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
吾はどのみち助からないと、初手ッから断念めてるが、お貞、お前の望がうて、後で天下まれるのは、吾はどうしても断念められない。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
久「直様思いのうおっ巴蛇の長文句蠅々※」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)