“四邊”のいろいろな読み方と例文
新字:四辺
読み方割合
あたり93.4%
ぐるり2.6%
しへん1.3%
めぐり1.3%
よも1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見られ下谷山崎町家持五兵衞五郎藏其方何歳になるやはあるかと尋ねらるゝに五郎藏はひよくりと天窓じろ/\四邊
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
直樣煮かけては置いたけれど中途お客は斷れない、何うしような、と相談を懸けられて、智惠無しの奴め大鍋の四邊れッ位無駄がついて居るでは無いか
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
もなき大洞窟で、逆浪怒濤隙間もなく四邊打寄するにらず、洞窟めて靜謐樣子で、吾等に、跫音はボーン、ボーン、と物凄つた。
空は晴れ渡りて、日はかに照りぬ。我は父君母君の盛妝せる姫を贄卓の前に導き行き給ふを見、歌頌の聲を聞き、けふの式を拜まんとて來り集へる衆人の我四邊を圍めるを覺えき。
自然と云ひ人事と云ひ、一として我心の憂を長ずるとならざるものなし。暗黒なる橄欖の林はいよ/\濃き陰翳を我心の上に加へ、四邊の山々は來りて我を壓せんとす。