即興詩人そっきょうしじん
初版例言 一、即興詩人は璉馬の HANS CHRISTIAN ANDERSEN(1805—1875)の作にして、原本の初板は千八百三十四年に世に公にせられぬ。 二、此譯は明治二十五年九月十日稿を起し、 …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 覿面てきめん やじり 棕櫚しゆろ あと そゝ 凋落てうらく 懸想けさう 蔓草つるくさ 午過ひるす 譴責けんせき あさひ 首途かどで まこと かけひ くさび 山羊やぎ 和睦わぼく 裳裾もすそ 護謨ゴム 平家ひらや わく 苗字めうじ 本意ほい 渾身こんしん かす 脊中せなか 夢寐むび 檀那だんな そら こうし 目深まぶか 渺茫べうばう 朝餉あさげ 生捕いけど 芥子かいし 一叢ひとむら 落人おちうど 一棟むね 書肆しよし 常磐木ときはぎ 怯懦けふだ 足掻あがき 一廉ひとかど 一揆いつき 一本ひともと 小暗をぐら 看做みなし 膾炙くわいしや 三人みたり 名告なの つと 友誼いうぎ 畸形かたは 疑懼ぎく 花卉くわき さや 快哉くわいさい くびき 因業マレデツトオ こつ 御手みて あらかじ あがな 千尋ちひろ 朝陽あさひ 胚胎はいたい もだ はこ 屡〻しばしば 波濤はたう とも ゆめ くじ おばしま 羅刹らせつ 谿たに くるぶし 起臥おきふし いなづま さき のき 足音あのと 糺問きうもん なら など そゝ かく 儼然げんぜん 御名みな 悵然ちやうぜん みなと 豌豆ゑんどう げき 魁偉くわいゐ