即興詩人そっきょうしじん
初版例言 一、即興詩人は璉馬の HANS CHRISTIAN ANDERSEN(1805—1875)の作にして、原本の初板は千八百三十四年に世に公にせられぬ。 二、此譯は明治二十五年九月十日稿を起し、三十四年一月十五日完成す。殆ど九星霜を經 …
作品に特徴的な語句
アモオル すなほ さま てゝ さら いちじろ たゞ ヂアナ いづく しるし はや こしか やす たひら きはまり せつ よろこび かゝ あら かぐは いぶ 穿 容貌おもざし ぎき めあは 邂逅いであ あぐ きずつけ けた まゝ こしか きはめ づくゑ まろが ころほ たう きれ つばら うまれ ホロス おそれ そち おほせ とらへ つま をか かは はじらひ よき たゝ ひやゝか いさゝか あざけ えい あへ おそ フジナ きはみ たが はづかしめ わずらひ しめ いぬ くらま おほひ まじはり おこなひ なりはひ のみもの きはまり はくてう とゞ いづれ あらは うつり 可哀かはゆ てう 退まか まどかけ 加之しかのみなら まのあた たより いき かたへ あひ ゑが をみな てう はづかし たひらか 女子によし むす めぐり こは