“摺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
63.0%
29.0%
ずり2.7%
すり1.7%
こす0.8%
たた0.6%
すれ0.4%
さす0.2%
すっ0.2%
すら0.2%
する0.2%
ずら0.2%
ずれ0.2%
たゝ0.2%
なす0.2%
コス0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御墨付と見せたのは、どこにでもある小菊二三枚、短刀は、脇差をり上げて禿ちょろに納めた、似も付かぬ偽物だったのでした。
それは、かれているというより、られている形だった。青は、二歩歩いては立ちまり、三歩歩いては立ち停まるのだった。
狂馬 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
ここで夫婦は戸外へ出て一夜を明かしたところで、際物師の書肆が来て、地震の趣向で何か一枚をこしらえてくれと言った。
死体の匂い (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
白い往来には、大師詣りの人達の姿が、ちらほら見えて、或雑木林の片陰などには、汚い天刑病者が、そこにも此処にも頭を土につけていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
停車場を見ながら言つた、媼がしよぼ/\した目は、うやつて遠方のものにりつけるまでにしなければ、見えぬのであらう。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
その紐にはんである襤褸の小片が結びつけてあった。彼はそれを膝の上で気をつけてけた。中にはほんの少しの髪の毛が入っていた。
此さゝら内へ凶作なりとてへ/\とすりならす。又志願の者普光寺へ達しおきて、小桶に神酒を入れず。山男挑燈をもたせ人をおしわくる者廿人ばかりさきにすゝみて堂に入る。
貴女な、ようこそ、芝居の裏で、おはんの肩って上げなはった。多一さんも人目忍んで、貴女の孝行手伝わはった。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いて身を取て俎板で叩いて擂鉢でよく玉葱山葵卸しで摺込んで塩と味淋で味を付けてまたよく摺って煮汁を加えてドロドロにして
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
また略解は「菫つむは衣む料なるべし」とあるが、これも主要な目的ではないであろう。本来菫を摘むというのは、可憐な花を愛するためでなく、その他の若草と共に食用として摘んだものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
尼寺にみそ音やほとゝぎす 除風
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
散らかっておりまして、と床の間の新聞をり出すやら。火鉢を押出して突附けるかとすれば、何だ、熱いのに、と急いでまたすやら。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その職員室真中大卓子、向側の椅子った先生は、布子小倉、羽織はに白墨のあるのを背後の壁に遣放しに更紗の裏をってぶらり。
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
中單の代にその頃着る習なりし絹の胸當をば、針にて上衣の下に縫ひ留めき。領巾をば幅廣きみたり。頭には縫とりしたる帽を戴きつ。我姿はいとやさしかりき。
犬は主人の同類がやって来たのを見ると、嬉しがって、少し元気よく吠えて鼻頭りつけるようにした。
幻想 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
或る古書は伝へて「其長九尺余、胴ヨリ頭小サク、赤ク眼丸クシテ鼻高ク、傍ヲ見ル時ハ肩ヲリ、口広クシテ耳ニ及ビ、歯ハ馬ノ歯ノク雪ヨリモ白シ、ハ熊ノ手足ニ似タリ、髪ハ色ニシテ……」云々と記してゐる。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)
り染めや、ち染めの技術も、女たちの間には、目立たぬ進歩が年々にあつたが、で染めの為の染料が、技工人の影響から、途方もなく変化した。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)