“こす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コス
語句割合
78.1%
8.2%
4.7%
2.7%
1.6%
1.2%
濃過0.8%
0.4%
小摺0.4%
小狡0.4%
摩擦0.4%
狡猾0.4%
0.4%
虎寿0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船頭の半纏や、客の羽織などを着せて、ったり叩いたり、いろいろ介抱に手を尽していると、どうやらこうやら元気を持ち直します。
と言ふより早く、智恵子の手は突然男の肩に捉つた。強烈い感動が、女の全身に溢れた。強く/\其顔を男の二の腕にり付けて
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
いものにはされ、家禄放還金の公債もきあげられ、家財を売りしたり、娘を売ったり、一筋の主が白昼大道にを敷いて、その鎗や刀を売ってその日のにかえた。
ポオル叔父さんは机から封蝋の棒を取つてそれを上着の袖で手早くりました。それからそれを小さな紙きれに近づけました。子供達はそれを見つめてゐます。
啖壺が備えてあっても衛生や公徳の何物たるを知らない連中は平気で床の上へ啖を吐いたり、を吐いたりして何の心だかわざわざそれを靴の底でげています。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
グリフォンはみ、兩眼つて、えなくなるまで女王樣見戍り、それから得意げに微笑みました。『滑稽な!』とグリフォンは、自分に、ちやんにひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
はい旦那様も、賓客には八百膳仕出取寄せまして、今日向付肴甘酢加減甘味過ぎたとか、濃過ぎたとか、溜漬辛過ぎたとか小言つた身分でございますが
以て小林軍次郎召使惣助同道にて早々本陣へ罷りべき旨申達せしに軍次郎は大にき惣助を腰繩にて召連來れば直に惣助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
めし家なり然るに平助は四十の歳をと雖も未だ一子なく家名の斷絶せん事を歎き親類どもと相談の上小十人組頭金松善四郎とて高七百石を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
惣領が長い柄の柄杓で水を牛の背にかける、母親が縄たわしで頻りに小摺ってやる、白い手拭を間深かにって、おれのいったのも気がつかずにやってる、表手の庭の方には
姪子 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
あいつは子供の時から根性がよくなくてな、喧嘩口論でもしたが最後、いつまでも根に持っている奴だ、小狡くって裏表があるから、わしは昔からあの男が大嫌いだった。
中山七里 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
…………………………………いてあげましょう。妾の睫毛であなたの睫毛を、そっと摩擦って上げましょう。そうしてあなたがお望みなら、………………………………。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
望月刑事が当家へ訪ねたのは、日ももうトップリ暮れた頃だった。栄吉は稼ぎに出ていて未だ帰らず、三十そこ/\と思われる狡猾そうな顔をした女房が留守番をしていた。
青服の男 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
多少擦れているような点もあるか知れないが、それは境遇上むを得ないことである、あれで案外純真な、正直なところもあって、お腹の中はそうい人間ではない
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そして、こうした、老いた、衰えかけた心の中に現れて来る幼児の幻は、哲丸も、虎寿丸も、たれもかれも、皆にこにことして、笑っていた。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)