“半纏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんてん89.5%
ばんてん9.7%
はっぴ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日は、当寺へお参りに来がけだったのでね、……お京さん、が高いから半纏おんぶでなしに、浅黄鹿の子の紐でおぶっていた。
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と思うに、ふっと浮いて、鼻筋も、目も、眉も、あでやかに、おぶい半纏も、手綱染も、水際の立ったのは、婀娜に美しい、その人です。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「玉井組は、半纏に、ここの金比羅さんと同じマークをつけとるなあ。生意気な」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)