菊あわせきくあわせ
「蟹です、あのすくすくと刺のある。……あれは、東京では、まだ珍らしいのですが、魚市をあるいていて、鮒、鰡など、潟魚をぴちゃぴちゃ刎ねさせながら売っているのと、おし合って……その茨蟹が薄暮方の焚火のように目についたものですから、つれの婦ども、 …
作品に特徴的な語句
つつ むしばみ きっ くい はや 穿すぼ かん こげ ぎり ぶり おり げん ひか おど わっ 莞爾にこり 種々しゅじゅ わず すがた いそが さが かれい のぼり づれ ちっ つッ 旅店はたご まいり まつわ きり むろ なま 如何どう なん あつま しず 通路かよいじ おおき ことば わざ しわぶ きのう 聞合ききあ さかり 矢張やっぱ 種痘うえぼうそう もど 寄切よせぎ 寸時しばらく なまめ ひっ おもい 如何いかが 思出おもいで くわ あるい 大形おおがた 扁平ひらった だい しょう きょう こら さずか ゆが 可恐こわ 此方こっち 白澄しろす わり 黒白あいろ おぶ しとね 二方にほう 遠路えんろ けん おのず さめ めん みつ 香山かやま かさな 一寸いっすん はし ゆわ 陰翳かげ ひま ひら 慄然ぞっ 鹿 すみや 折曲おれまが