“凧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たこ79.9%
だこ11.2%
いかのぼり5.2%
いか0.7%
こがらし0.7%
のぼり0.7%
タコ0.7%
ハタ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉妹篇「」に対して「春」という一字をんだのです。「春」という字は音がかで字画が好もしいため、本の名にしたわけです。
はしがき (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
龍造寺主計は、やっこのような、のこわい佐吉の浴衣を、つんつるてんに着ていた。毛だらけのを出して、笑っていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
……が、が寂れて、遠く衣紋坂あたりを一つの音の、それも次第に近くはならず、途中の電信の柱があると、母衣
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
えたる空は遠く三四の影を転じて、見遍す庭の名残無く冬枯れたれば、浅露なる日の光のきのみにて、啼狂ひしの去りし後は、隔てる隣より戞々羽子突く音して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
秋あわれに、残ンの葉の、胸のい小枝にったのが、く散った、一葉女史は、いつも小机に衣紋正しく筆を取り、端然として文章を綴ったように、誰も知りまた想うのである。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……外套の袖を振切って、いかが切れたように、穂坂は、すとんと深更の停車場に下りた。急行列車が、その黒姫山の古駅について、まさに発車しようとした時である。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)