“草刈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くさかり71.4%
くさか28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くやうなのもとにはたやうやきまりがついて村落むらすべてがみな草刈くさかりこゝろそゝやうれば
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
草刈くさかりながに、子供こどもて、去年きよねんくれ此處こゝ大穴おほあなけたのは
すい/\と小さな草は茂つても土刈馬方つちかりうまかたが寄りつかない位だから、草刈くさかりも入らなかつた。
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
お沢 (はっと手をつかう)お姫様。草刈くさかり水汲みずくみいたします。おそばにいとう存じます。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
暁に先立つて草刈くさかりに行く農夫の一人二人がそれを見つけて、村役場へ届ける。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
すると、丁度子供が二人、草刈くさかりに来て居ましたそうで、穂吉もそれを知らないうちに、一人がそっとのぼって来て、穂吉の足をつかまえてしまったと申します。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
みなさん休みは面白おもしろかったね。朝から水泳ぎもできたし林の中でたかにも負けないくらい高く叫んだりまた兄さんの草刈くさかりについて行ったりした。それはほんとうにいいことです。けれどももう休みは終りました。これからは秋です。むかしから秋は一番勉強のできる時だといってあるのです。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)