“くさか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クサカ
語句割合
日下43.8%
草苅18.8%
草刈12.5%
久佐賀6.3%
久坂6.3%
玖沙訶6.3%
草加6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今でも日下蓼津つております。かくてナガスネ彦と戰われた時に、イツセの命が御手にナガスネ彦の矢の傷をお負いになりました。
のみ草苅宿れりし兎道宮処仮廬ほゆ 〔巻一・七〕 額田王
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
みなさん休みは面白かったね。朝から水泳ぎもできたし林の中でにも負けないくらい高く叫んだりまた兄さんの草刈りについて行ったりした。それはほんとうにいいことです。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
黒塀の、の植込みのある、小道を入って、玄関に立った彼女は、その家の主、久佐賀先生というのは、何々道人とでもいうような人物と想像していたのであろう。秋月と仮名して取次ぎをたのんだ。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
彼は最後の二十一日まで踏みとどまろうとしたが、その時は山崎に退いた長州兵も散乱し、久坂、寺島、入江らの有力な同僚も皆戦死したあとで、天王山に走って、そこで自刃した。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
また姓の日下に、玖沙訶と謂ひ、名の帶の字に多羅斯といふ。かくの如き類は、本に隨ひて改めず。大抵記す所は、天地の開闢よりして、小治田の御世ふ。
「もみ医者なら中町の草加がよかろう。骨つぎもするし」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)