万葉秀歌まんようしゅうか
万葉集は我国の大切な歌集で、誰でも読んで好いものとおもうが、何せよ歌の数が四千五百有余もあり、一々注釈書に当ってそれを読破しようというのは並大抵のことではない。そこで選集を作って歌に親しむということも一つの方法だから本書はその方法を採った。 …
作品に特徴的な語句
イキ かむ はし ヒトリノミ ツヨ あど あぜ 彼方をちかた がな ヨミ ゆり カナ かの 湿 かな サソ 御座ミクラ さか 何処いづち いでま アタリ みまか 何処いづ うるは ゆた こちた ふすさ むかへ おもほ せな こた おほろか ヨム さは 平常よのつね 何方いづし さしは こた づま たげ 莞爾にこよか さはだ オユ つばら しぬ 何処イヅク そっ にほ うつく わぬ ぬが にほ 宿 せな 人間ヨノナカニ がて なごや にぬ しきり さもら たてまつ ゑまひ ナラビ きはみ おほ 耀かぎ だら むだ みなみ そひ いまし うん まがひ かち 宿 しだ おほ かを いや ツマ のど