万葉秀歌まんようしゅうか
序 万葉集は我国の大切な歌集で、誰でも読んで好いものとおもうが、何せよ歌の数が四千五百有余もあり、一々注釈書に当ってそれを読破しようというのは並大抵のことではない。そこで選集を作って歌に親しむというこ …
作品に特徴的な語句
流暢りゅうちょう 美濃みの いそ 陸奥みちのく 駿河するが 出雲いづも もも 下野しもつけ 夕闇ゆふやみ 和泉いずみ 伊勢いせ あかね 小倉をぐら いた さか 訊問じんもん 本郷ふるさと 為方しかた 裳裾もすそ 峻厳しゅんげん 筑紫つくし 武蔵野むさしぬ 満腔まんこう 冥土めいど 重畳ちようでふ 陳腐ちんぷ 息吹いぶき 渾身こんしん 檀那だんな 素朴そぼく 遙々はるばる 小雨こさめ 関聯かんれん をか 伯耆ほうき 杜鵑ほととぎす 編輯へんしゅう 舎人とねり 謀反むほん 干潟ひがた 足掻あがき 捗々はかばか 膾炙かいしゃ せり 水嵩みずかさ 石見いわみ つと 看做みな 顫動せんどう 道行みちゆ 呑込のみこ 碇泊ていはく 左程さほど 早稲田わさだ 縊死いし 伝播でんぱ 意嚮いこう 美作みまさか 采女うねめ 鎌倉かまくら さくら 供奉ぐぶ 夕日ゆうひ 敷衍ふえん 正気しょうき 人目ひとめ 惻々そくそく 渾沌こんとん 鳥籠とこ 御手みて 或時あるとき 遜色そんしょく 鳴子なるこ ソム 纏綿てんめん 谿たに 足音あのと 常世とこよ くだけ いかり かわず 山城やましろ みなと 伺候さもらひ 綜合そうごう 鹿島かしま 白雲しらくも たぎ 譬喩ひゆ 京師みやこ 入日いりひ 其等それら 手枕たまくら 興津おきつ しぎ